未分類

独学で社労士合格って無理なの?知識ゼロの素人が合格できると確信した理由

独学で社労士の資格を取りたい!そう思った人に向けての記事です。

社労士は合格率6〜7%の難関国家資格であり、労働問題や社会保険のスペシャリストです。人事の専門家と言えます。

まず最初に、ぼくはまだ社労士の資格を持っているわけではなく、勉強中だということを先に伝えておきます。

なのでこの記事には、合格方法や裏ワザは載っていません!(土下座)

何か国家資格を独学で取りたいけど何を選べばいいか分からない!そんな人に社労士っていいかも!と思うきっかけになればと書いています。

私のバックグラウンド

興味ある人なんていないと思いますが、どういう性格のやつが社労士を目指しているかということを共有させてください。

  • 年齢:29歳既婚、子ども1人
  • 学歴:沖縄のFラン大学卒業
  • 職歴:地方銀行を2年→2回の転職→現在は在留アメリカ軍の事務員

アラサーになって、スキルがないことに危機感を覚え、分かりやすくスキルを証明できる国家資格を取得したいと考え始めました。

様々な資格を比較検討した中で選んだのが社労士ということです。なぜ社労士に決めたかを次で書きます。

なんで社労士なのか

ぼくは、合格を高い確率でできると思っています。だから社労士を選びました!

なんで数ある国家資格の中でも社労士を選んだのかを紹介します。

理由 : テキスト読んで眠くならなかったから

バカみたいな理由ですが、1番の理由はテキストを書店で立ち読みして眠くならなかったからです。つまり、興味が1番沸いたのが社労士でした。

その他にも、選ぶ基準として以下の項目を設けていました。

  • 独学で合格できそうなもの
  • 独立もできる資格
  • 社会的に役立つもの
  • 普段から関わりがあるもの
  • 受験資格


この4つの項目に当てはめて行くと、行政書士、司法書士、社労士の3つまで絞りましたが社労士のテキストが1番読んでて面白かったのです。

労働に関わる資格なので、有休の日数や休憩時間の長さなどめちゃくちゃ身近なことなので頭にスッと入ってくる感覚がありました。

勉強スケジュールは?

勉強する上でまず合格までのスケジュールを立てました。

社労士試験は長期間の勉強になるので絶対にスケジュールを立てた方が効率が良いです。

スケジュールを立てる時に意識したことは次のことです。

  • 社会人&子育てをしながらなので家族に迷惑をかけない
  • 勉強が嫌いにならないくらいの勉強時間
  • 毎日何かしら勉強する前提のスケジュール
  • 気楽にできる

2024年9月の試験を受験予定なので、あと1年3ヶ月あります。TACの情報だと合格に必要な勉強時間は800〜1000時間。1日2時間勉強で約900時間に達成する考えです。

大まかではありますが、ぼくは以下のスケジュール通りに進めていく予定です。

1〜3ヶ月目 : テキスト読み込み

6〜8月-テキスト読み込み

まずテキストを購入し、一旦読み込むことにしました。過去問から解くという勉強法もありますが、最初にある程度理解したい性格なのでテキストスタートです。

過去問から解いて、分からないことがモヤモヤして問題に集中できなくなる性格の人はテキストスタートがおすすめです。

4〜7ヶ月目 : 過去問解きまくる

9〜12月-過去問やり込み

テキストを一周した後に過去問集を購入します。過去問を解きながら理解できなかったところはテキストで再確認というイメージです。

とりあえず、答えを覚えるよりは理解することを優先します。

8〜12ヵ月 : 過去問から弱点確認

1〜5月-過去問で弱点を洗い出す

過去問を解きながら、弱点確認し理解を深める段階に入ります。

7月の模試に向けて、できるだけ弱点を克服し点数アップを目指します。

13〜14ヶ月目 : 模試

6〜7月-模試で実力確認


2023年の模試が6,7月にあるので、2024も同じ時期と予想し模試を受けます。LECや大原といった大手が模試を開催しています。

合格ラインは突破したいところです。

模試は実力を知り、本番をイメージできるので日にちを確認しできるだけ受けたほうが良いかと。金額は約6,000円

15ヵ月目 : 最終調整

要点まとめ、模試、過去問で合格点にできるだけ近く持って行く予定です。

試験当日をイメージしながら問題を解くスピードを意識したり、要点まとめテキストを使用し最後のスパート。

社労士合格のために買ったテキストは?

ぼくが買ったテキストはこちら。社労士テキストの中で1番人気のあるTACのものです。

テキストはこんな感じ。

労働関係科目と社会保険関係科目の2冊に分けることが可能です。どちらも500ページほどのボリューム。

めちゃくちゃ太い訳ではないし、2冊に分かれるのでやる気を削がれることもないです!

まだテキストのみの購入で、同シリーズの過去問を購入予定です。2冊もあるーと思いたくないのでテキストを読み込んだ後に過去問集を購入予定。

テキストを選ぶ条件は以下でした。

  • 評価が高い
  • できるだけテキストは減らしたい
  • 飽きないもの

ユーキャン、LEC、TACのテキストで悩みましたが、ここは直感と数ページ読んだ感触でTACに決めました。

実際に書店で手に取ってみることをおすすめします。迷っていたユーキャン、LECのテキストはこちらです。

勉強の進捗状況は1ヵ月ごとに更新していくので、社労士合格を目指すみなさんの参考になればと!

-未分類